Real V VIXXイムニダ~!

VIXXを娘と2人で応援してるブラジルぴょるぴです~♪ 韓国語能力試験TOPIKのために勉強しているので、一緒に勉強しませんか?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私の人生の春の日 16話 141030 最終回 放送 視聴 解説




私の人生の春の日 16話 141030 放送をシェアします~^^

えっ、もう最終回・・・

昨日の記事を読んでびっくり!

何話からか?まだ視聴していないので時間ができたら見たいと思います^^

一体ハッピーエンドなのかサッドエンドなのか????





내 생애 봄날 (16회)최종회 投稿者 rhdtk06






ㅂㅁㄴㄹ 投稿者 rhdtk05



「愛するあなたと一緒にいる今が、私の人生の春の日です」

春の日は本当に美しいが、すぐに終る。寒く厳しかった冬を一瞬にして溶かしては、またすくどこかへ消え去ってしまう刹那である。「私の人生の春の日」が、タイトルのように素早く美しく永滅した。結末は、無条件のハッピーエンドを避けた。いや、むしろサッドエンドに近かった。ヒロインは生きるために頑張るよりは目の前に迫った死を受け入れたように見えた。家族、恋人とゆっくり別れ、最後には自分の身体を誰かに届ける臓器提供が暗示された。多くのことを考えさせる終わりだった。

韓国で30日午後に放送されたMBC水木ドラマ「私の人生の春の日」(脚本:パク・ジスク、演出:イ・ジェドン)では、カン・ドンハ(カム・ウソン)を始めとする家族に別れの挨拶をしながら人生の最後を準備するイ・ボミ(少女時代 スヨン)の姿が描かれた。

同日イ・ボミは、心臓だけでなく肺に浮腫ができるなど、症状が急激に悪化した。ついには彼女は気を失うに至り、イ・ヒョクス(クォン・ヘヒョ)は何としてでも娘を助けるために人口心臓移植手術を行い、心臓の寄贈者を探して手術しようとした。

しかし、心臓移植手術を受けるためには必要なプロセスが多く、病院長の娘だからと言ってそのプロセスを無視することはできなかった。そうしている間にイ・ボミの病状はさらに悪化し、意識を取り戻したイ・ボミは、「これ以上欲を出してはいけない」と手術しない考えを示した。

死を受け入れたイ・ボミは、自分に心臓をくれたカン・ドンハの死んだ妻ユン・スジョン(ミン・ジア)に「ありがとうと言った」とし、自分が余計に得て嬉しく、一生懸命生きてきた5年について感謝した。彼女はカン・ドンハに「もしこの心臓でなかったのなら、私は世の中を恨みながら誰かが私の代わりに死ぬことだけ祈りながら5年前に死んだだろうから。そうだったなら、私たちは出会えなかったし、今のように愛することも、愛されることも、このように幸せになることもできなかっただろうから」と話した。

これにカン・ドンハもやはり、短い間ボミが自分にくれたことについて感謝した。彼は「あの人が言ったこと、望んだこと、ボミさんが全部やってくれた。ボミさんに出会えなかったら、ドンウクと僕は今もぎこちなかっただろうし、プルンもバダもこのように幸せな時間は作れなかったと思う。母は今も孫たちの顔も見なかっただろうし、僕は毎日酒だけ飲んで、夜毎に悪夢にうなされていただろう。そしてたぶん、もう二度とこのような愛はできなかったと思う」と淡々と話した。

そのように二人は、別れをゆっくりと準備した。特にイ・ボミは自分の母に「もしね、お母さん。もし私に何かあったら、私への愛が残って、行き場を失ったら、それを全部胸の中に溜めて苦しまないで、プルンとバダにあげて?」と話し、カン・ドンハの二人の子供までお願いした。

放送の末尾に、イ・ボミは手術室に入った。どのような手術かは示されなかった。ただ、手術をしに入る二人が、別れの挨拶を交わした点で非常に深刻な手術であることがわかった。イ・ボミはカン・ドンハに「私たち、別れの挨拶、もうしたの覚えてますよね?ありがとう」と挨拶し、カン・ドンハも「僕もありがとう」と答えた。二人は最後に「愛しています」「さようなら」と挨拶した。そしてようやく手術室に入ったイ・ボミの隣には死んだユン・スジョンが横になっており、その隣にはまた他の人がいた。3人は一緒に手をつないだ。これは、ユン・スジョンの心臓を移植してもらったイ・ボミが、また違う誰かに自分の身体を寄贈したことを暗示するシーンだった。

春の日は帰ってくる。イ・ボミの人生の春の日は短く強烈に終わってしまったが、彼女が誰かの必要性のために渡した贈り物は、その人の人生に春の日をまた贈ることになる。そのように渡され、渡されながら春の日の温かさは永遠に続くのだ。短く強烈に終わってしまった恋人同士の愛が名残惜しくはあるが、結末は申し分ないほど善良で美しく、悲しくも意味深かった。強引なハッピーエンドよりは、余韻の深い最後を選択したのである。


Vol.1 ― 「私の人生の春の日」感動的な最終回、タイトルが結末だったとは…




少女時代 スヨンが思い切り実力を発揮した。2007年から役者として活動してきたスヨンは、ガールズグループ少女時代のメンバーでもあるため“演技アイドル”とのレッテルを貼られていたが「私の人生の春の日」を通じて、確実に俳優として認められることになった。

スヨンは韓国で30日に放送終了したMBC「私の人生の春の日」に心臓移植を受けたイ・ボミとして出演し、心臓を寄贈した女性の夫カン・ドンハ(カム・ウソン)と恋に落ち、死ぬ前に本当の愛の意味に気づく女性を完璧に演じた。

特にスヨンは、初めて地上波ドラマの主演を務めたことはもちろん、大先輩のカム・ウソンと20歳の歳の差を克服し、短い期間ではあるが夫婦を演じながらも違和感がなかった。いわゆる“大根役者”と呼ばれる演技アイドルだったら、このような組み合わせは想像もできないことだろう。20歳の歳の差を克服し、ドラマへの没入度を高めたこと自体を高く評価したい。

また、スヨンは初の地上波ドラマでの主演、20歳離れた相手役との多少負担になる難題の中で、死を前にした人物を熱演し、実力においては、認めざるを得ない演技を見せた。

スヨンは病を患っているイ・ボミを熱演しながら、話す力もなく徐々に閉じる目、すべてを下ろしたと言わんばかりに、悲しいかつ幸せそうに見える表情、蛇口のようにどのような状況でもポロリと落ちる涙で視聴者たちを泣かせた。

これまでスヨンは様々な作品で助演から始め、地道に腕を磨いてきた。演技を始めて8年目になるスヨンは、着実に積み上げてきた実力をベースに「私の人生の春の日」を通じて、それこそ“底力”を見せたと言っても過言ではない。スヨンはドラマの序盤の可愛く愛らしい姿から、後半で愛に目覚めて本当の人生の幸せを知った後、世の中に別れを告げる姿で、多彩な感情を演じた。

「私の人生の春の日」のイ・ボミに完全になりきったスヨンは、演技アイドルに対するネガティブな視線を払拭した。もちろん、依然として歌手出身の役者に対する一部の酷評があるが、スヨンと同じ演技の実力を備えているのであれば、少なくとも迷惑になることはないだろう。

これに先立ちスヨンは「私の人生の春の日」の撮影期間中に設けた記者懇談会で、演技に対する好評について「モニターしながらビクッとする時が多い。演技力も惜しい部分が多かった。しかし、期待がなかったせいか、好評があって感謝するだけ」と謙虚な態度を見せてから「若いが、人生の最後まで行ったことのある人について研究した」としながら、キャラクターに入り込もうとする意志を見せた。

スヨンのこのような好演は、絶えない演技に対する情熱と意志が生み出した結果だ。演技アイドルに対する懸念を自ら知っていたため、怠れなかったこと。初の地上波の主演を成功裏に終えたスヨンの明日がさらに期待される理由だ。

「私の人生の春の日」の後番組としては「ミスター・ペク」が放送される。「ミスター・ペク」は、お金、地位、名誉何一つうらやましいことのない70代の財閥の会長が、偶然の事故で30代に若返り、今まで知らなかった本当の愛の感情に初めて気づくことになる、行き当たりばったりのファンタジーラブコメで、韓国で11月5日の午後10時から放送スタートする。




Vol.2 ― 「私の人生の春の日」演技アイドルがみんな、少女時代 スヨンのようなら“問題なし”





MBC水木ドラマ「私の人生の春の日」が有終の美を飾った。

視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、30日に韓国で放送された「私の人生の春の日」の最終回は、視聴率10.0%(以下、全国基準)を記録した。29日の8.7%より1.3%上昇して同時間帯の視聴率1位を守り抜き、2桁台の視聴率で放送終了となった。全16話の「私の人生の春の日」は、第1話が視聴率8.1%でスタートし、第4話が11.1%で自己最高視聴率を記録した。

同時間帯のSBS水木ドラマ「僕にはとても愛らしい彼女」は5.6%で、29日の5.7%より0.1%小幅下落した。KBS 2TV「アイアンマン」は4.3%で、29日の5.2%より0.9%下落した。


「私の人生の春の日」視聴率10.0%で放送終了“有終の美”









関連記事
スポンサーサイト

| 少女時代 スヨン 私の人生の春の日 | 07:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。